ネットジャパンセミナー便り三十三号 ~2018年1月セミナー日程

2017年、今年もついに最後の月になりました。
東京日本橋では、昨年に続いて流れ星のイベント『NIHONNBASHI-星降ル森』を2017年12月8日から2018年1月8日まで開催しています。
https://hoshifurumori.jp/

12月から1月は1年のうちで一番流れ星が多い季節だそうですが、肉眼ではなかなか見られないですよね。そこでシステムで流星を感知して、流れ星に合わせたイルミネーションが見られるイベントです。福徳の森は、メインイベント会場として日本上空で感知された流星の大きさや発生時間によって、シンボルツリーとミラーボールに光が照らされます。お隣は神社でなんだかおとぎの国に迷い込んだような不思議な空間です。そして、12月14日(木)21時からはふたご座流星群の生中継、流れ星に願い事をするイベントもあります。残念ながらセミナーは12月13日(水)なので、セミナーのお帰りに是非とはなりませんでしたが、流れ星に2018年の願い事をしてみてはいかがでしょうか。

星降ル森201713

また、日本橋三井タワー1Fでは、高さ14mの壮大な光のオブジェ、流星が到来する度に光で満ちる“スターフォール”が設置されています。更に星にまつわる名曲を流星とともに楽しめるコンサートも開催されています。12月11日(月)はヴァイオリンとチェロの名曲コンサートでした。12月25日(月)はハープとチェロの「クリスマスコンサート」が開催されます。1月も無料のコンサートは開催されます。無料コンサートも残念ながら月曜日の開催なので、セミナーのお帰りに寄っていただけないですが、クラッシク好きな方、そうでない方も気軽に音楽を楽しめるコンサートですので、是非足をお運びください。
http://www.mitsuitower.jp/concert/

そして2018年1月のセミナーは仮想環境のバックアップや移行に大変便利なActiveImage Protectorのセミナーです。
ActiveImage Protector Virtual Edition は、新バージョン2018でのセミナーになります。そして12月と1月の受講プレゼントは2018年ネットジャパンカレンダーです。毎年大人気の弊社の卓上カレンダー、今年のテーマは日本の絶滅危惧種の動物達です。セミナー受講をご検討いただいている方は、是非1月に受講ください。

スターフォール 三井タワー201712

1月24日(水)ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise 14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. for Hyper-V Enterpriseのインストール
  2. バックアップの設定
  3. 通常圧縮と重複排除を使用した際のバックアップファイルの圧縮率の違いを確認
  4. イメージのマウント機能を利用して、ファイルの復元を実行
  5. ReZoom it!を実行して、異なるHyper-Vホストに仮想マシンを復元

 

1月31日(水) ActiveImage Protector Virtual Edition 14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. Server Editionのインストール
  2. 重複排除圧縮機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージを仮想へ移行
  4. ImageBootを利用して仮想環境上でイメージファイルを起動
  5. Linux Editionのインストールとバックアップ設定

 セミナーのお申込みはこちらから
https://www.netjapan.com/jp/local-japan/seminar

2018年ネットジャパンカレンダー


アマオケ鑑賞記

ここ3~4年、家族の影響でオーケストラのコンサートに行く機会が増えました。 

アマチュアの演奏会も時々聴きに行きます。 曲はクラシック主体ですが、映画音楽や新しい楽曲が演奏されることもあります。 畑農敏哉氏の著書「アマチュアオーケストラに乾杯!素顔の休日音楽家たち」によると、国内のアマチュアオーケストラの数は、部活やジュニアオケ・学生オケを除いて2014年12月31日現在で、1,080団体もあるそうです。 現時点では少し増えているかもしれません。 演奏会の入場料は無料か千円以内が大半で、比較的有名な曲の演奏が多く、ドレスコードも気にせず、生の音楽を気軽に楽しめるのが魅力です。 アマチュア演奏家は、演奏を生業にしていないというだけで、かなりの腕前の奏者もたくさんいるのではないかと思います。
それでは、最近良かったアマチュアオーケストラの演奏会を2つご紹介します。

先ずは、吹奏楽団やまぶき。

#1

(画像は吹奏楽団やまぶき様ご提供)

2017年11月4日(土)

吹奏楽団やまぶき

YamaBuki Wind Orchestra

きまぐれ演奏会 Vol.1

かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

フィリップ・.スパーク/ジュビリー序曲

ディヴィッド・R・ホルジンガー/春になって王達が戦いに出るにおよんで

ヤン・ヴァンデルロースト/カンタベリーコラール

グスターヴ・ホルスト/吹奏楽のための第一組曲

-休憩-

ロバート・ジェイガー/シンフォニア・ノビリッシマ

保科洋/風紋

ヨハン・デ・メイ/エクストリーム・メイクオーヴァー; チャイコフスキーの主題による変容

#2

(写真は吹奏楽団やまぶき様ご提供)

7曲目の「エクストリーム・メイクオーヴァー」で2組のシンバルが奏でられた瞬間の珠玉の一枚です。 白熱した終盤に指揮者の山下伸介氏のメガネが飛んでいくハプニングもあったほどの大迫力で、周りの観客も一様に圧倒され、アンコールの拍手が鳴り止みませんでした。 重厚さと繊細さを併せ持つ華麗な演奏でした。 
「やまぶき」という名称の由来は、「山下先生と吹く」という意味だそうです。 山下氏と演奏したい人が集結し企画された演奏会とのこと。 そのため、腕利きの奏者ばかりが集まったのかもしれません。

ブログラムからも熱さが伝わってきます。「同団員は学生時代に吹奏楽と出会い、現在は、吹奏楽のほか、オーケストラや室内楽、ブリティッシュブラスなど多彩なジャンルの管打楽器パートで活動中」 「なぜ一回の演奏会につめこんだの?と思われるくらいの吹奏楽界を代表する作曲家たちの名曲を一曲ずつお届け」 「メンバーの思いと、山下先生の熱意が織り成す、熱く・シンフォニックな“山下サウンド”」→納得です。

今回の演奏会に足を運んだのは、音響が良いと言われているモーツァルトホールで一度聴いてみたかったことがきっかけなのですが、この演奏会に巡り合えて良かったです。 ただし、団長の河辺氏によると、「常設の楽団ではないため次回の開催は未定」とのこと。 Vol.2を期待したいです!

吹奏楽団やまぶき 公式サイト
http://yamabuki-wo.tokyo/ 

会場のモーツァルトホールは、かつしかシンフォニーヒルズの中にある大小二つのホールのうちの大ホールで、もう一方の小ホールはアイリスホールという名称です。 京成本線の青砥駅から徒歩6分。オーケストラ演奏を主目的に作られていますが、演劇やクラシック以外のコンサートなどにも幅広く利用されているようです。

続きまして、ノイフィルハーモニー管弦楽団。

#3

(画像はノイフィルハーモニー管弦楽団様ご提供)

2017年10月22日(土)

ノイフィルハーモニー管弦楽団 

NEU Philharmonic Orchestra

第14回定期演奏会

すみだトリフォニーホール 大ホール

G.ヴェルディ/歌劇『シチリア島の夕べの祈り』序曲

E.グリーグ/ピアノ協奏曲イ短調作品16 (ピアニストは宮谷里香さん)

ピアノソロのアンコール: ショパン/ノクターン

-休憩-

P.チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」

 

#4

(写真はノイフィルハーモニー管弦楽団様ご提供)

団長の奥野氏よりメッセージをいただきました。

「この度はノイフィルハーモニー管弦楽団の演奏会をご紹介いただき、大変光栄です。

私たちノイフィルは、当初県立千葉高OBを中心として2003年に結成され、メンバーは現在も20代を中心とした若いオーケストラです。来年の定期演奏会では、ショスタコーヴィチ交響曲第5番「革命」に挑戦します。一度ホームページをご覧いただけたら幸いです。」

ノイフィルハーモニー管弦楽団 公式サイト
http://orchestra.musicinfo.co.jp/~neuphil/

団長  奥野 洋平

#5

(写真はノイフィルハーモニー管弦楽団様ご提供)

当日は、台風21号が接近中で悪天候でしたが会場は満席でした。 はじめに、音楽監督で1曲目の指揮も執った椙山由美子氏の力強い挨拶があり、会場は熱気に包まれていました。 2曲目と3曲目の指揮は写真の若宮裕氏です。 

2曲目のグリーク/ピアノ協奏曲で登場したピアニストの宮谷理香さんは第13回ショパン国際ピアノコンクールをはじめ数々の賞を受賞されています。今回一番聴きたかったピアノ協奏曲の代表ともいえるこの曲も、アンコールのノクターンも素晴らしかった!(しかも美人です。) 3曲目のチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」は4楽章で構成されていて、今年に入って演奏会で聴くのは3回目でしたが、その中でも一番良かったです。 第3楽章後に拍手する聴衆もいませんでした。暗く静かに完結する最終第4楽章の前に、最も盛り上がる第3楽章があるため、別の二つの演奏会では第3楽章の音が止んだ時点で拍手がちらほら聞こえたのでした。

ノイフィルハーモニー管弦楽団 公式サイト
http://orchestra.musicinfo.co.jp/~neuphil/

会場のすみだトリフォニーホールは錦糸町駅から徒歩3分。 通勤経路にあることもあり、最も訪問しているホールです。 駅に隣接する商業ビル「アルカキット」の2階にはトリフォニーホールへ続くペデストリアンデッキへの出口がありますので、錦糸町駅の北口駅ビル「テルミナ2」と、アルカキットを経由して行けば、雨の日でもあまり濡れずに済みます。

同ホールの大ホールには、パイプオルガン、クローク、バーコーナーも、併設されています。 バーコーナー「北斎カフェ」は、葛飾北斎が本所割下水付近(現在の墨田区亀沢)で生まれたといわれていて、墨田区に長く住んでいたゆかりの土地であるためのネーミングだそうです。 コーヒー代は400円ですが、サントリーホールや東京オペラシティコンサートホールなどでも同じ価格設定でした。 この絶妙な価格設定は何か取り決めがあるのでしょうかね。

演奏会の情報は、楽団の公式サイト、コンサートホールのホームページ、無料の情報誌「ぶらあぼ」、「コンサートスクェア」などの情報WEBサイトや、演奏会でもらえるプログラムに挟み込まれているチラシなどから収集することができます。 また、演奏会に行って良かった場合は、アンケートに住所を記入しておくと、次回の演奏会の案内状を送ってもらえるので、リピーターになるきっかけになります。

これからのシーズンは、クリスマスコンサートやニューイヤーコンサートなど、華やかな演奏会が目白押しです。 どうぞ暖かくしてお過ごしください。


DIS ICT EXPO 2017 in 関西 出展報告

2017年11月28日(火) に、ダイワボウ情報システム株式会社様 主催のDIS ICT EXPO in関西(ハービスHALL)において、名古屋のDIS ICT EXPOに引き続き、新バージョンActiveImage Protector 2018を出展させていただきました。

#1展示会

ネットジャパンの展示コーナーに、多くのお客様にお立ち寄りいただき、ご質問や評価版のご依頼等をいただきました。また、バックアップ運用についてのお困りごとを伺い、ActiveImage Protectorを使用した運用についても、ご提案をさせていただくことができました。さらに、詳しい製品説明のご依頼を多くいただきましたので、随時、デモを含めてご説明にお伺いさせていただくことにいたしました。

 #3展示会

今回、展示コーナーの一角に、バックアップ製品が一堂に集まったこともあり、「○○○○社製品と何が違うのですか?」というご質問を多くいただきました。「弊社の強みとしては、海外製品にはない、開発、販売、サポートを国内で一括して行っていますので、導入前のご提案から導入後においても、全社員一丸となり柔軟な手厚い対応を行っています。」というお話をさせていただきました。

#2展示会

ご来場下さいました皆様へ
過日は、ご多忙の所、ネットジャパンの展示コーナーへお立ち寄りいただきありがとうございました。精一杯の対応をしたつもりではございますが、至らない点もあったと思います。今後もActiveImage Protectorをさらに多くのお客様に知っていただくために、展示会出展や提案活動を続けてまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。


ActiveImage Protector 2018 リリース

ActiveImage Protector 2018 をリリースしました。 2018での主な追加機能は

  • ポストバックアップ処理の追加
  • 復元ポイントからのリストア
  • ファイルリストア機能
  • vStandby の統合

です。

ポストバックアップ処理の追加

バックアップ完了後に自動的にイメージファイルに処理をおこないたいことはよくあります。たとえば、自動的に別の場所へのコピー、ファイルの検証、起動の確認、一定量のファイルの自動統合などです。バックアップ処理でもスクリプトを使用すれば可能ですがバックアップ処理内になるのでエラー処理などが分離できず制御が難しくなりがちです。 そのためのアプリケーションとしてImageCenterを開発して無償で配布しています。ImageCenterは別アプリケーションであるため、それなりの手間がかかります。 基本的な処理はバックアップウイザードに組み込見たいという要望もあったため、今回はよく使われる、「BootCheck」と「結合(コンソリデーション)」を組み込みました。

BootCheck はイメージファイルを直接仮想マシンにアタッチして起動することで実際にイメージを復元しなくても起動できる、できないを確認することができます。バックアップ直後に実際に仮想マシンで起動して診断しているので、復元時にも起動する保証の信頼度は高いです。

結合は一定数の増分ファイルをまとめて一つの増分ファイルにまとめてゆくコンソリデーション機能です。時間とともに増分ファイルの数は増えていきますので、整理することができます。手動やImageCenterで同じことができますが、よく使う機能なのでバックアップ直後に判断して行えたほうがより便利です。

最初のリリースではこの二つを組み込みましたが今後ほかの機能も追加していく予定です。

復元ポイントからのリストア

過去のバージョンではボリュームの復元はイメージファイルを選択して行っていましたが、2018からはバックアップした時間、復元ポイントから選択して復元するようになりました。ファイル名を見て判断するよりも素早く対象のバックアップを選択できるようになりました。

復元ポイントの選択

復元ポイントの選択

ファイルリストア機能

イメージファイル内のファイル、フォルダ毎に復元する機能です。以前のバージョンでもマウントによるファイルコピーやイメージエクスプローラーによるシェル統合でファイルを取り出すことはできましたが、Windowsでのファイルコピーになるので属性情報などはコピーされませんでした。新しいファイルリストア機能はポイントインタイムでバックアップ時間を選択してファイル、フォルダを属性付きでコピーすることが可能になりました。また、ActiveImageのGUIと統合したので、マウントしてからエクスプローラーで開いてコピーという手順が必要なくなり理解しやすくなりました。

アイテムの復元

アイテムの復元

vStandby の統合

vStandbyは、物理または仮想マシンのスタンバイレプリカを仮想マシンとして作成して、冗長さと即時復旧を安価で提供している製品です。仮想スタンバイレプリカは増分バックアップのようにソースボリュームの更新部分をレプリカ側に反映させていきます。仮想スタンバイレプリカは仮想変換済ですから障害発生時にはそのまま起動することですぐに業務を再開できます。リストア作業や変換作業は必要ありません。この機能をActiveImageに統合、ほぼ全機能、GUIもそのまま入っています。ActiveImageのGUIですべての設定ができるようになりましたのでいちいち切り替える必要がありません。

vStandbyの統合

vStandbyの統合

今回のバージョンアップは既存機能を中心とした使用感や操作性の向上が主な内容でした。ユーザーからはすぐには見えないところですが、次世代のActiveImage への布石がいくつか入っていますので次のアップデートにもご期待ください。


DIS ICT名古屋 出展報告

2017年11月22日(水) に、ダイワボウ情報システム株式会社様 主催のDIS ICT名古屋(ウインクあいち)において、新バージョンActiveImage Protector 2018を出展しました。会場は、冬めいた気候とは対照的に来場者数1,254名と多くの方の熱気で包まれていました。

#1

ICT名古屋への出展は、実に3年ぶりということもあり、お客様への説明にも自然に熱が入りました。この中で、100名を超えるお客様への製品説明において、有意義な情報交換をさせていただきましたので、特に熱く意見交換させていただいたお話しをご紹介します。

#2

●イメージング vs ファイル単位のバックアップ

「バックアップソフトのアーキテクチャとして、大きくはファイル単位のバックアップとイメージングというディスクのセクター単位でバックアップする仕組みがありますが、どちらの製品を導入していますか? または、今後の導入を検討するとしたら、どちらの製品になりますか?」という質問をさせていただきました。

もちろん、両製品共にメリットとデメリットはありますが、今回、お話をお伺いしたお客様においては、「今後の導入はイメージングバックアップ製品を検討している」というお客様が多いということです。これは、物理から仮想化への環境変化において、「復旧がシンプルである」、「バックアップ/復元の速度が速い」、「操作が簡単」という基本的な部分で、イメージングバックアップ製品を選択するお客様が多くなったのではと思います。
残念なことは、現在、他社のイメージングバックアップ製品を採用されているお客様が多いということです。営業として、ActiveImage Protectorの販促に、もっと気合いを入れて頑張らないといけないと実感させられました。

●エージェント vs エージェントレス バックアップ

「エージェントレス バックアップを実現している製品がありますが、エージェントレス バックアップのニーズについて、お聞かせください?」という質問については、エージェントレス バックアップ製品を導入されている、何人かのお客様とお話をお聞きすることができました。

「大きなメリットを感じているが、バックアップに失敗する頻度が高いという問題を抱えられているということです。弊社も将来的な方向性として、エージェントレスバックアップ製品を考えていますが、バックアップの安定性についても十分に考慮する必要があると感じました。

また、弊社の販売パートナー様からのご意見として、エージェントレスでなくてもいいので、中央で管理できるコンソールの早期提供をお願いされました。「この際に、バックアップの設定、ステータス管理はもちろんだが、ActiveImage Protectorは頻繁にアップデートがでるが、アップデート作業にOSの再起動が必要な場合、作業は夜間や休日となるケースがあり負担が大きい、アップデートをスケジューリングで自動実行できるようにして欲しい」との貴重なご意見もいただくことができました。

お忙しい中、多くのお客にお立ち寄りいただき、たいへんありがとうございました。ご意見等ございましたら、ご連絡いただければ幸いです。


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.