勝手に実写化キャスティング!

小説、マンガ、アニメが次々と実写化される昨今、配役を巡っては原作ファンが黙っちゃいません。なかなかイメージ通りで好評、というケースは少ないようです。
コスプレとしての完成度は高くても、動いて喋るとダメ…まぁ演技に難あり、ということもあり得るわけで、指名される役者さんも手放しで喜べず、戦々恐々といったところでしょうか。

ざっとネットで調べたところ、実写化で評価が高かったのは、「デスノート」(藤原竜也、松山ケンイチ版)、「のだめカンタービレ」、「るろうに剣心」、「デトロイト・メタル・シティ」、「変態仮面」など。いずれもキャラが強いものばかり。演技に定評のあるキャストでイメージ通りにコスプレが仕上がれば、ある意味力技が使える作品です。
その点、原作が抒情的なものは役者さん自身のイメージが投影されがちなので、なかなか満場一致というワケにはいかないですね。映画としてはアリだけど原作のイメージではないなぁ…と、もやもやした気持ちになることも多々あります。こういう場合、どういう配役だったらナットクだったか、あーでもないこーでもないと仲間同士で「勝手にキャスティング」で盛り上がります。

少し前に盛り上がったのが、吉田秋生先生の「海街diary」4姉妹。

 

umimachi_diary

映画では

●  長女「幸」:綾瀬はるかさん

●  次女「佳乃」:長澤まさみさん

●  三女「千佳」:夏帆さん、

● 腹違いの四女「すず」:広瀬すずさん

でした。

みなさん実力派ですし、映画で初めてこの物語に触れる人には何の違和感もないはず。
ただ、原作を先に読んでいると、看護師でもある長女は、ひとりで妹たちを支えてきた大黒柱としての貫禄と秘めた情熱の持ち主です。父親の葬儀で初めて腹違いの妹に会うわけですが、そのとき言い放つきっぱりとしたセリフ、長女の、愛情深くそれ故の強さがその一言だけで浮かびあがります。綾瀬さんも「八重の桜」や「精霊の守り人」などで気丈で男勝りの女性を演じていますが、時代劇でもファンタジーでもない現代劇の「海街」では、衣装や殺陣はありませんから、観ている側はどうしても役者さん自身のイメージと重ねてしまいがち。外見だけでももう少し強さがほしいところ。で、話し合いの結果、

長女(暫定):柴咲コウさん

ということに。

次女は奔放で大酒飲み、さっぱりした性格の信用金庫勤めのOLです。見た目も長女とは正反対で派手め、男遊びも激しいのですが実は姉同様、気遣いの人です。

で、これは文句なく

次女:仲里依紗さん。これはもう確定。 

三女はちょっと特殊です。原作でも外見のモデルははっきりしています。元サッカー日本女子代表の荒川恵理子さん。男子日本代表だった中澤さんとともにボンバーヘッドで有名でした。

三女「千佳」はスポーツ用品店に勤め。山を愛する店長と付き合っていますが、見た目は男同士にしか見えません。が、繊細で女性的な面も持ち合わせているキャラなので、これは、という人はなかなか思い浮かばず、

で、アフロもイケて、さっぱりしていて女子っぽさもあるというところで

三女(暫定)清水富美加さん。

四女の「すず」は中学生で、その年ごろの女優さんとなるとまだ子役の範囲とも言えますし、まったく浮かびませんでした。まぁ名前も「すず」ですし、これはこのまま広瀬すずさんでいいのでは? という結論になりました。

あー、どこかテレビ版で実現してくれないかなぁ。 

実は途中で気が付いたのですが、勝手に次女に抜擢した仲里依紗さんは、三女でも候補になりました。で、長女もイケるねぇ、ということになり、結局一人で三姉妹を演じられる凄い女優さんだという結論に。また、上記の女優さんたちは、ほとんど原作のキャラクターより幾分年上です。そこは、実年齢よりかなり若い役ができるのが芸能人。見た目年齢をかなりの幅で動かせてこそ役者、ということでしょうか。(小栗旬は一体いくつまで学生服を着ていたのか…)

さてさて、こんな遊びを時々しますが、今個人的に一番盛り上がっているのが「3月のライオン」の実写化。

 

3gatsu

 

主役は神木隆之介さんで文句なし。というかあれほど自在に実写化をこなせる俳優さんってなかなか貴重です。ただ…義姉の香子が有村架純さんって…。
香子は、ずば抜けた美貌の持ちですが、エキセントリンクでちょっと病んでて不倫してて…まぁタヌキ顔系キャラではないですね。
で、候補に上がったのが、忽那汐里、桐谷美玲、水原希子、吉本実憂、中村ゆりか、橋本愛、広瀬アリス、高畑充希(敬称略)。圧が強すぎるまたは弱すぎる、演技力が不明などで、結局中村ゆりかさん(朝ドラ「まれ」で柳楽優弥さんの妹役でした)、ということで落ち着きました。実年齢は神木さんより年下ですが、この二人なら違和感ないのでは?

あー、スッキリした(って実現するわけじゃないけど…)。 

映画版は前後編でこの春公開だそうです。それまではNHKで土曜の夜にアニメ版を放映中ですので、こちらでどうぞ~


ネットジャパンセミナー便り二十三号~2017年3月セミナー日程

年が明けてあっと言う間に1ケ月が過ぎて、もう2月、節分ですね。今年もネットジャパンのエントランスで、み-こ達が「鬼は外!福は内!」と鬼払いをしてくれています。
さて、街じゅうどこも“SALE”の文字が目立って、つい足がお店の中に向ってしまいます。日本橋の老舗のひとつ刃物の木屋さんでも、只今SALE中でした。
http://www.kiya-hamono.co.jp/

包丁や鋏の他、木のまな板や調理道具や爪切りなども置いています。包丁研ぎをしてもらいたいと思っていたのと、木のまな板が気になっていたので覗いてみました。以前、木のまな板を利用していたのですが、カビで黒ずんで数年前に捨てて、今はプラスティックのまな板を利用していますが、木のまな板だと野菜などを洗った後の余分な水を吸い取ってくれて、まな板の上がビショビショにならないので木のまな板が恋しくなっているところでした。

木のまな板のお手入れ方法が貼ってありました。
・中性洗剤で洗わない
・ナイロン束子で洗わない
・天日干しをしない

今まで全て私がやってきていたことがNG事項でビックリ!中性洗剤どころか漂白剤を使用していました。天日干しをして、殺菌、殺菌と思っていましたがNG、日陰干しならOKだそうです。熱湯もNG。「人間の肌と同じだと思ってください。」と店員さんがとってわかり易く丁寧に説明してくれました。私の隣にいたご婦人も「ええっ!そうなの。」と驚いていました。
檜のまな板とまな板洗い用のシュロたわしを購入しました!まな板は只今半額です。檜のとっても良い香がしています。今回はしっかりメンテナンスをして長く長く愛用したいと思っています。
ちなみにカッティングボード(硬い木)はギザギザの刃物の用(パンやチーズなど)でまな板は柔らかくクッションになって包丁の刃先を守ってくれるのだそうです。
20年以上愛用している包丁も研ぎに出しました。良い道具は正しいメンテナンスが大事なのですね。
是非皆様も大事なシステムの運用を守るために、ActiveImage Protectorを正しくご利用ください。

2017年まな板とタワシ

そして、2017年3月のセミナー日程と実習内容は以下になります。今年も年始早々2016 R2アップデートバージョンがリリースしました。
まずはセミナーでより使い易くなったActiveImage Protectorをご体験ください。 

3月1日(水)ActiveImage Protector +vStandby AIP 14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明
第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. ActiveImage Protector Server Editionのインストール
  2. 重複排除圧縮機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージファイルからの復元
  4. ImageCenter LEでイメージファイルの結合とレプリケーションの実行と動作確認
  5. vStandby AIPで、ESXiホスト上にスタンバイ仮想マシンを作成 

3月15日(水)ActiveImage Protector Virtual Edition 14時から17時
第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明
第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. Server Editionのインストール
  2. 重複排除圧縮機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージを仮想へ移行
  4. ImageBootを利用して仮想環境上でイメージファイルを起動
  5. Linux Editionのインストールとバックアップ設定

セミナーのお申込みはこちらから

https://www.netjapan.com/jp/local-japan/seminar 

 

2017年節分みーこ


GATI(台湾)セミナーレポート

ワールドワイドに展開しているActiveImage Protectorですが、海外拠点の一つ台湾にあるGATI(General Advanced Technology Inc.)が今年どこよりも早くセミナーを開催してくれました。

写真1

写真2

セミナー会場はたくさん参加者が来場し、ウイルスに備えてバックアップの必要性など紹介したセミナーは大成功でした。

写真3

写真4

日本だけでなく、今や世界でウイルス対策にバックアップソフトが注目されているようです。

写真5

写真6

写真7

決してきれいなお姉さんやおいしい食事、景品などにつられた方々ではないですよ。

 

GATIのFacebookでは当日の動画も御覧いただけます。


メキシコ「チワワ太平洋鉄道」の旅

こんにちは、Fe@NJです。
ご愛読いただきました「人生を豊かにする鉄道の旅」シリーズ全6話ですが、早いもので最終回となりました。

今回は、メキシコの北西部・太平洋に面する「ロス・モチス」(Los Mochis)から内陸部の「チワワ」(Chihuahua)まで、チワワ太平洋鉄道 Ferrocarril Chihuahua al Pacífico, Chepe )(以下「チワワ鉄道」と略)、全線約650kmの紀行をお届けします。

このたびは、チワワ鉄道の全線乗車のみならず、乗車前、基点のロス・モチスに前泊し、以降、途中駅のポサダとクリールでそれぞれ途中下車・連泊を入れ、終点チワワでも後泊するなど、鉄道のみならず、沿線の雄大な大自然もタップリ楽しむという欲張りな旅でした。

1日目 空路、ロス・モチスへ

成田→メキシコシティ(乗り継ぎ)→ロス・モチス・・・(泊)

太平洋路線は、日本・メキシコ間、唯一の直行便となる「アエロメヒコ航空」を利用しました。

①アエロメヒコ機(旅行時は「ボーイング767」だったが、今は最新鋭の「ボーイング787」)

 

#1_アエロメヒコ機

2日目 チワワ鉄道へ乗車

ロス・モチス駅(Los Mochis)→ポサダ駅(Posada)(途中下車)・・・(泊)

②1等車・2等車・食堂車の混結による長大編成。日本の国鉄時代の急行列車を彷彿させる。非電化につき、ディーゼル機関車が客車を牽引する。

#2_1等車・2等車・食堂車

(クリール駅にて撮影)

 

③標準軌で広い車内。国鉄時代の583系電車の如く天井が高い。

#3_標準軌で広い車内

④車窓の白眉。断崖沿いに谷を遡り、橋で反対側(岸)の断崖へ。

#4_車窓の白眉

⑤峡谷を挟んで登ってきたばかりのS字カーブの線路が見える。

 建設時の苦労が偲ばれる。

#5_S字カーブの線路

3日目 バランカ・デル・コブレ(銅渓谷)観光

⑥バランカ・デル・コブレ(Barranca del Cobre)だが、峡谷全体ではアメリカのグランド・キャニオンを上回る規模である。

#6_バランカ・デル・コブレ

⑦ジップラインに挑戦

ジップラインとは、谷を挟んで二つの山の間に張られたワイヤー・ロープを、滑車を使い、重力を利用して滑り降りる遊具だ。

谷底まで最深約一千メートルの高度感を楽しむ!

若かりし頃、槍ヶ岳や穂高岳の稜線で味わった高揚感が甦った!

#7_ジップライン

≪ジップライン≫の動画はこちら)

 

4日目 チワワ鉄道

ポサダ駅→ディヴィサデロ駅(Divisadero)(観光のため数十分停車)→クリール駅 (Creel) (途中下車)・・・(泊)

≪クリール駅を出発する列車≫の動画はこちら)

 

客車の屋根に乱立している、業務用エアコンの室外機たち! これぞメキシコ流か?

 

5日目 クリール観光

四輪バギーで行く渓谷ツアー

⑧カートを降り、断崖の上のテーブル状の岩を恐る恐る這って進み、谷底を覗く。

ジップラインより、正直、こちらのほうが怖かった!

#8-1_谷底を覗く

 

#8-2_谷底を覗く

⑨数十メートルの高さの奇岩群

#9_奇岩群

6日目 チワワ鉄道

クリール駅チワワ駅(Chihuahua)・・・(泊)

7日目 空路、チワワからティファナへ・・・(泊)

チワワといえば、あの可愛い室内犬を連想するが、滞在中、その姿を見ることは無かった。

ダウンタウンでチワワ屋さん(?)を見つけることも叶わなかった(笑)。

8日目 夜、帰国の途に

 

人生に彩りを添える鉄道の旅の記録はいかがでしたか?

ネットジャパン製品の記事とともに、拙稿をお読みいただき、心より感謝申し上げます。

See you again!

Fe@NJ


ActiveImage Protector 2016 R2 SP1とImageBoot 2.0をリリース

AIP 2016 R2 のSP1とImageBoot 2.0をリリースしました。 SP1の今回の変更点は主に重複排除圧縮の大容量データへの対応です。以前に比べると省メモリ、速度アップといった改善になっています。 ImageBoot 2.0 はHyper-V 2016、VMware Workstation 12, VirtualBox 5対応と、仮想マシンの継続使用への対応をしました。

ActiveImage Protector 2016 R2 SP1 の変更

重複排除圧縮の大容量データへの対応

AIPの前のバージョンでは2TBを超えるデータをバックアップする場合、環境によっては重複排除のパフォーマンスが落ちてしまい容量に比べてバックアップ時間が長くなってしまうため自動的に無効になるケースがありました。
これはハードディスクの容量が急激に増大し、実装当時の想定範囲を大幅に超える処理ブロック数が発生したためより多くのメモリが必要になった結果、メモリスワップが頻繁に発生したことが原因でした。実際、一時ファイルの置き場所をSSDにするなどの対策を行うと妥当な時間で重複排除圧縮でバックアップが可能でした。
SP1ではこの問題を解決するために重複排除圧縮のパラメータを最新の環境に合わせた見直しを行うと共に、対象ブロックが今後急激に増えていった場合でも対応できるようにハッシュキーの保存、検索を行う時に幾何的解析、ビットマップ処理の最適化や連鎖ブロックの処理などを行い、メモリ、データベースの使い方を大幅に書き換え改善しました。
また、キャッシュサイズ、データベースの分散係数などの内部パラメータも調整可能にして大容量を前提としたテストを繰り返して最適な値を探して決定しました。その結果、大容量データは以前の役2倍の速度で重複排除圧縮が可能になりました。

社内のテスト機での数字ですが、メモリ32GBの環境で11.8TBのデータを26時間、メモリ8GB環境でも38時間でバックアップ完了することができており、動作の安定、メモリも効率的に使用できていることが確認できます。大容量向けに調整し直しましたが、2TB程度の容量であれば以前からメモリ内でほとんど処理されていたので速度はさほど変わりません。

今回のSP1の修正で仮想環境ホストやデータベースなど大容量のディスクでも容量を節約した快適なバックアップが可能になります。

ImageBoot 2.0の変更

Windows 10/Windows Server 2016 で旧バージョンから本バージョンにアップグレードする場合は、必ず旧バージョンをアンインストールしてから本バージョンをインストールしてください。旧バージョンがインストールされている状態からは、正しくアップグレードすることはできません。
更新内容
以下のハイパーバイザーに対応しました。
VMware Workstation 12 Pro
VMware Workstation 12 Player
Windows 10、および Server 2016 Hyper-V
Oracle VirtualBox 5
作成/起動した仮想マシンを継続利用できるようになりました。
設定した仮想マシンを起動するタイミングを選択できるようになりました。
仮想マシン起動後の変更を書き込む差分イメージ ファイル(*.aix)を、ローカル ストレージに作成するように変更しました。
*差分イメージ ファイル(*.aix)を使用して起動した場合は、起動時に指定したイメージ ファイルに変更が適用されます。
アップデート チェックの方式を変更しました。
アップデート チェック時に使用するプロキシ サーバーを設定できるようになりました。
コンソールの表示言語を変更できるようになりました。
多数の増分を含むイメージ ファイルを選択した際のロード時間を短縮しました。

以下のハイパーバイザーに対応しました

  • VMware Workstation 12 Pro
  • VMware Workstation 12 Player
  • Windows 10、および Server 2016 Hyper-V
  • Oracle VirtualBox 5

作成/起動した仮想マシンを継続利用できるようになりました

これは、起動した仮想マシンを一度解放したあとに、また続きから継続して使用できる機能です。仮想マシンでの作業を一時的に中断したい場合、変更を失わずに別の機会に再開できます。

ImageBootでは仮想マシン起動後の変更を差分イメージ ファイル(*.aix)として書き込んでいます。以前はaixをイメージファイルと同じ場所に置いていましたがイメージファイルがNAS上にあるとディスクの書き込み毎にネットワークトラフィックが発生しパフォーマンスにも影響がでていました。今回からパフォーマンスが保たれるように速度の速いローカルディスクを使うようにしました。

起動したVMの履歴

起動したVMの履歴

以前起動した仮想マシンはリストから選択して継続できるのでいちいち必要なファイルを探す必要はありません。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.