仮想スタンバイサーバーを作成できる vStandby AIP をリリース

vStandby AIPをリリースしました。 vStandby AIPは、vStandbyの仮想スタンバイ機能をActiveImage Protector (AIP)のバックアップイメージファイルを使って実現する製品です。仮想スタンバイ機能とは、物理(仮想)マシンのレプリカをESXiホスト上に作成し、P2V済の起動可能なブートポイントを作成し即時復旧を実現する機能です。

vStandby Standardでは物理(仮想)マシンを元にしてESXiホスト上に待機仮想サーバーとして使うスタンバイ仮想マシンを作成します。その場合、仮想ディスクは実際のハードディスクから作成します。 一方、vStandby AIPではActiveImage Protector のバックアップイメージファイルをソースとして仮想マシンと仮想ディスクを作成します。

バックアップイメージファイルをソースとすることで、元のマシンのバックアップとスタンバイ仮想サーバー両方を同時に用意することができるため、バックアップで実機のリカバリーを確保しながらスタンバイ仮想サーバーで運用の継続が可能です。

イメージファイルセットは複数登録できますので、グループ内の複数のマシンを対象としてスタンバイ仮想マシンの作成行う場合に柔軟に行えます。また、使用できるイメージセットはActiveImage Protector で設定した保存先に保存しているものだけではなく、レプリケーションしたイメージファイルでも可能ですので、遠隔地でスタンバイ仮想マシンを構成することが可能です。たとえば、サーバーのバックアップをAIPまたはImageCenterのレプリケーション機能で遠隔地へ転送、遠隔地でvStandby AIPを使ってスタンバイ仮想マシンのブートポイントを増分毎に作成、というような運用が可能です。

vStandby AIPの基本的な動作原理は、仮想マシンを作成しイメージファイルを使って仮想ディスクを作成、P2Vを行った「ブートポイント」を作成し、常に起動可能な状態にして待機させておくというものです。元のサーバー側で増分バックアップが行われると、同様に増分ファイルを元にP2V済の起動可能なブートポイントに変換されていきます。

イメージファイルからの視点で見てみると、増分に対応したスケジュールP2Vというほうがわかりやすいかもしれません。初回ブートポイント作成時には仮想マシンの作成、仮想ディスクへの全データのコピーが行われるため時間がかかりますが、その後は増分が変換対象になるので、動作は非常に軽くなります。

スタンバイ仮想マシンの起動しようとした時にようやくP2Vを行うという方法では起動までに変換の時間がかかります。vStandby AIPでは、ブートポイント作成時にp2Vを行っています。つまり、いざスタンバイ仮想マシンを起動したい、という事態が来た時には既にP2Vが完了した状態になっているため、すぐに起動することができます。

仮想環境に詳しい方は気が付いている思いますが、機能のベースは仮想マシンのスナップショットです。例えば、増分ファイルをリストアしてスナップショットを作成すれば復元した状態のスナップショットは作成できます。しかし、P2V変換をしていないのでほとんどの場合起動に失敗します。また、単純に毎回P2Vを行う場合にはフルリストアした状態に対して行わないと整合性がとれなくなります。vStandby AIPではスナップショットを利用して、AIPの増分イメージファイルと仮想ディスクのトラッキングデータ、そこにP2Vを同時に合わせてブートポイントとして固定します。ここが他にないvStandby AIPの技術のポイントです。

vStandby AIPの動作

vStandby AIPの動作

仕組みはややこしいですが、実際の操作は簡単に行えます。 vStandby AIPを起動して、使用したいイメージに対して、スタンバイ仮想マシンを作成するようにタスクを設定すれば完了です。

イメージの選択

タスクを設定するイメージセットを選択

ブートポイント作成のタイミングは、即時、一日一回、増分ファイルの個数が一定数になった時を選択できます。ブートポイントの個数の上限は各仮想マシン毎に30個(ESXiの制限です)なので、それを越えたものに関しては古いものから自動的に統合されていきます。

スケジュールの設定

スケジュールの設定

タスクは並行処理が可能ですので、ブートポイントへの変換を同時刻に動かせます。ただ、あまり大量に同時に動かすとESXiホストのレスポンスがついてこなくなってしまいますので注意が必要です。

メイン画面

タスク状況を一覧できるメイン画面

詳しい操作方法は、オンラインヘルプを公開しています。

機能制限なし(期限はあります)の評価版も用意していますのでお試しください。

vStandby AIPの動作
vStandby AIPの動作


Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.