営業ブログ

情熱の国、シンガポールでのセミナー報告

弊社グローバル営業チームはActiveImage Protectorを海外市場で販売促進しようとヨーロッパに進出しましたが、さらにAsia Pacificへの拡販を目論み、シンガポールにおいてHand On Seminarを行いました。
今回は、NEC Asia Pacific Pte. Ltd. Server & NetWork Platforms Business Unit様にて6月21日、22日(予備日)の2日間にわたっておこないました。

シンガポールは緯度的に一年中真夏です。とても暑い国で、たまに1時間ぐらいスコールで大雨が降るという典型的な亜熱帯地域ですが、建物の中は冷房がガンガン効いており半袖では寒いくらいです。
しかし、セミナーが始まると、ActiveImage Protectorに向けられた視線は熱く、お客様への具体的な導入を意識した濃い質問が次々と飛び交い、会場は熱気につつまれました。当初は1日半くらいのつもりでいましたが、時間が足りず、二日目の夕方までおこないました。

参加された皆さんの出身地は日本、マレーシア、ミャンマー、インド、モーリシャス等々で、それぞれ育った環境、文化は違っても共通の言語はシンガポール英語という日本では味わえない雰囲気がとても素敵でしたし、実にパワフルで活発なチームと思いました。NEC様といえば日本を代表する会社ですが、グローバル化が進んでおり、我々も見習わなくてはならないと感じました。充実した2日間をありがとうございました。

セミナー

~番外編~

シンガポールといえば、多国籍料理! きれいなフードコートよりも、市場にあるフードコートの方が庶民的で値段も安くとてもおいしい!
ということで代表的なシンガポール庶民料理を食べてきました。

「福健麺」(ホッケン・ミー)とコーロメン
食べに行った市場フードコートには間口が3メートル位の店がひしめき合っていて、安くておいしい店は列ができているのですぐわかります。ランチは大体$3-4(SGD 1$=80円くらい)で、素晴らしいコストパフォーマンスでした。

食事

20年ぶりの再訪でしたが、街並みは一変していて高層ビル群に囲まれ、相変わらず喫煙は規制されており、町は清潔で、夜も活気があり治安も良いです。到着した日に以前行ったことのあるリバーサイドで夕食にベトナム料理をいただきました。

シンガポール


ネットジャパンセミナー便り二十七号 ~2017年7月セミナー日程

先週東京は梅雨入りしました。
雨はまだそれほど降っていませんが、なんとなく雲が重く、空気も重い、梅雨なんだ!という日々です。少しスッキリしない気分の中、あじさいの花を見るとちょっと楽しい気持ちになります。

あじさい通りのあじさい 201706

オフィスからセミナールームへ向う道が「あじさい通り」と言う名前ですが、あじさいをみかけた事がなかったので雨が止んでいるお昼休みにあじさいを探しに散歩に行ってきました。セミナールームより少し先でしたが、ありました!!COREDO 室町1と3の間くらいからあじさいが咲いていました。あじさい達に元気をもらって午後からのお仕事!ですが、 “花”と来たら“団子”そうです季節の和菓子。今回は日本橋の老舗ではありませんが、COREDO室町3にある1803年創業の鶴屋吉信、東京本店(http://www.turuya.co.jp/tenpo/tokyomise.html)に寄ってあじさいの和菓子を買って来ました。生菓子と羊羹にあじさいがありました!!羊羹はこのあと7月1日から7日までが七夕、7月下旬から8月中旬が花火柄だそうです。そして東京限定はマカロンをイメージした餡を選べる最中があります。セミナールームからは近いので、セミナーの後に良かったら寄ってみてください。見た目も美しく味も上品で美味しい、まさに芸術作品!!です。

和菓子 あじさい 201706

4月から新年度が始まり、5月の連休も終わり、本腰を入れてお仕事モードの頃ではないかと思います。転ばぬ先の杖、是非バックアップをして何かあった時に備えておいてください。
7月は仮想環境用製品のセミナーです。

7月12日(水)ActiveImage Protector Virtual Edition 14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. Server Editionのインストール
  2. 重複排除圧縮機能を含めたバックアップ設定
  3. バックアップイメージを仮想へ移行
  4. ImageBootを利用して仮想環境上でイメージファイルを起動
  5. Linux Editionのインストールとバックアップ設定

 

7月19日(水)ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise 14時から17時

第一部はActiveImage Protectorのデモを交えた製品概要説明
ActiveImage Protectorの仮想環境用製品Virtual Editionとfor Hyper-V Enterpriseの違いの説明

第二部は実機を使用した体験です。実習内容は以下になります。

  1. for Hyper-V Enterpriseのインストール
  2. バックアップの設定
  3. 通常圧縮と重複排除を使用した際のバックアップファイルの圧縮率の違いを確認
  4. イメージのマウント機能を利用して、ファイルの復元を実行
  5. ReZoom it!を実行して、異なるHyper-Vホストに仮想マシンを復元 

セミナーのお申込みはこちらから

https://www.netjapan.com/jp/local-japan/seminar

 

 2012_06


DIS ICT EXPO 2017 in 福岡

先月末5月25日にダイワボウ情報システム(株)様主催の「DIS ICT EXPO 2017 in 福岡」に参加させていただきました。
人生初!九州上陸です! 展示会も楽しみでしたが、福岡に行ける事自体が楽しみでした。会場は福岡市中心街にあり、商業施設も多くアクセスにとても便利なところです。その週前半は曇りや雨でしたが、展示会当日はとてもいい天気に恵まれ来場者日和になりました。
さすが、晴れ女の私です!

さて、ICT Expoは今回も目標参加人数を大幅に越す来場者数で会場はたくさんの人で活気にあふれていました。もちろんActiveImage Protectorのブースにも沢山の方に立ち止まっていただき、バックアップの重要性を説明することができました。また説明している間にも、パンフレットを自ら手にとって持って行ってくれる方も多くいました。

お立ち寄りくださった皆様、忙しい中ありがとうございました。

写真1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会終了後は取引先の方々においしい博多ラーメンのお店を紹介していただき食べに行きました。

写真2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また次の日は福岡市内を観光したり、工芸品や日本酒喜多屋を買ったり、もちろん明太子もお酒のおつまみに購入し一人博多の町を満喫しました。
今度は博多祇園山笠祭りかどんたく祭りのときに訪れてみたいです。

写真3-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真3-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の締めはやはりこれ。
ご当地麒麟ビール@福岡空港

写真4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


セイバーメトリックス

前回のブログでは 1億円になるかもしれない(?)ベースボールカードを紹介 しましたが、今回はベースボールに興味がなくても、興味が出てくる斜め上の方からのベースボールの見方をご紹介します。ベースボールは選手の能力を数値化してみれるスポーツです。
あまりベースボールに興味のない人でも、打者がどれだけ優秀かを表す打率など数字で表されるのはご存知かと思います。打率とは単純に打った回数(打数)のうちヒットになった割合を計算したもので、打率が.300なら100回の打数の時に30本をヒットにした事になります。長年の統計によって、優秀な打者の目安とされているのが、この打率.300です。優秀な打者でも100回のうち70回もアウトになってしまうんですよ。

打率は打者の為の数値ですが投手なら1試合(9回)を投げた時に失点する点数(防御率:失点/投球回*9)、1試合(9回)を投げた時に奪える三振の数(奪三振率:奪った三振数/投球回*9)などなどがあります。他にも打者が打ってから一塁へ到達するまでの平均秒数だったり、盗塁の成功率だったり、良くヒットを打つ打者、早く走る走者、点数を取られない投手が数値で表されます。
しかし、ヒットを良く打つ打者は本当に良い打者でしょうか?ヒットを打たなくても四死球を得る事で出塁する事ができます。そうすると出塁率(打席数/出塁数)が上がります。ヒットを1本も打たなくても出塁率.800だったら、かなりチームへ貢献できます。このように有名な打率や防御率などの以外の珍しい指標によって、その選手の隠れた能力を数値化して証明しようとするのがセイバーメトリクスです。

team-2319694_640

セイバーメトリクスはベースボールと言うよりは、もう数字遊びや統計と言った方が正しい位で、ベースボールの変わった見方です。見方が変過ぎて、怒る人さえも居ます。ベースボールはアウトにならなければ攻撃し続けられるスポーツです。つまりアウトになる率の低い人から打っていけば一番長く攻撃できる確率が高くなります。(点数が入るかどうかは別として)セイバーメトリクス的には・・・。でも、この指標だけで打順を決める監督は見た事がありません。つまり、セイバーメトリクス的に正しくてもベースボール的には正しくない訳です。セイバーメトリクス嫌いな人は「ベースボールは人間のやるスポーツ。数字など当てにはならない」と言う訳です。セイバーメトリクスに少しでも興味が出てきたらメジャーリーグならESPNや日本プロ野球ならスポーツナビなどを見ると色々な指標が見れますので、数字だけで選手を知るのも興味深いものがあります。

例えば日本プロ野球からメジャーリーグへ移籍して大活躍している上原投手が居ます。この人は試合を見ただけでは、なかなか能力が分かり難い人です。体が大きい訳ではない。早いボールを投げる訳でもない。たくさんの変化球を投げられないので打者を惑わすような投球もしない。しかし、大活躍してしまうんですね。球速表示では速くもないボールにメジャーリーグの優秀な打者がバカみたいに空振りしてしまうんです。
この上原投手の良さはセイバーメトリクス的には一目瞭然です。それはK/BB(奪三振数/与四死球数)と言う指標に表れます。防御率や勝利数は投手自身以外にも守備するチームメイト、相手チームから得点を取ってくれたチームメイトなど関わる人が多くいます。つまり投手自身の能力だけを数値化している訳ではありません。しかし奪三振、与四死球は投手以外の能力の影響を受け難いので投手だけの能力を測りやすい数値です。さらに三振が多く、四死球が少ないと言う事は「制球が良い」と言う事になります。統計上はK/BBが3.50を上回れば制球の良い投手として認識されますが、上原選手の場合はメジャーの全成績だと驚異の7.69です!!! 上原選手は1年間に50試合ほどに投げます。1試合で3人から5人ほどと対戦する事になりますが、その1年間で平均7.8個しか四死球を与えません。普通の投手なら18イニングを投げて与えてしまう四死球数です。もう、打者からすれば、ほぼストライクしか来ない位の感覚でしょう。

baseball-1411632_1280
最近は球場にセンサーが付いていて投手の投げる球速以外にも回転数、変化した高さと長さ、投げ始めた時の球速に、捕手へ届いた時の球速まで計測されます。上原選手はボールを投げる位置が打者から遠く、投げ始めから終わるまでの時間が短く、ボールの回転数が多く、捕手へ届いた時の球速が投げ始めの球速から減速しないのも特徴です。打者の感覚的には打とうと思った時には全てにおいてタイミングが遅れてしまうようになります。投げ始めたと思ったら、すぐにボールが来て、さらに思っていた以上に速く自分へ迫ってくる。ドンドンとストライクが来るのでボールを見送る機会も少なく、少し落ち着く間もなく気が付いたら3ストライク取られてしまうのがパターンです。

試合を見ていなくても、成績表を見ているだけでベースボールが楽しくなってくるセイバーメトリクス。あまりベースボール好きではないけど、プログラミングや統計学に興味のある方は是非、詳しくセイバーメトリクスを調べてみてください。

Cloud Days名古屋 2017 展示会への出展報告

先日、5月30日、31日の2日間、名古屋国際会議場で開催された日経BP社主催の「Cloud Days名古屋」に出展しました。

● 今回のテーマ
今回のテーマは、「ランサムウェア対策にも最適なバックアップソフト」と題して、ActiveImage Protectorの展示を行いました。皆様もご存じのように、身代金要求型のコンピュータウィルスとして話題になっているランサムウェアは、現在でも、被害が増え続けています。ユーザのPCに侵入して、PCをロック、または、データを暗号化し、「解除鍵が欲しければ」と身代金を要求してくる悪質なものです。

#1

 

 

 

 

 

 

 

 

● 来場者様との意見交換について
今回、来場者様とコンピュータウィルス対策について、有意義な意見交換させていただくことができましたが、ランサムウェアによる被害を未然に防ぐ方法を探しに来たというお客様が多くいらっしゃいました。
お客様の中には、マルウェア対策のためのウィルス対策ソフトを導入していたにも関わらず、ランサムウェアの被害を受けたとおっしゃられていました。このように、ウィルスの侵入方法も巧妙になっていることや、新種のウィルスに対してはウィルス対策ソフトを導入していても未然に防ぐことは難しい状況になっていますが、運用において感染した際のことを想定した対策まで考えられているお客様は少ないということが言えます。

● 弊社の提案について
では、ウィルスに感染した場合の対応策ですが、やはり定期的なバックアップ運用が必要になっているかと思います。もちろん、ウィルスに感染する直前の状態までに復旧することはできませんが、少なくとも感染する前のOSやデータのバックアップから健全な状態に復旧することが可能となります。最悪のシナリオとして、システムの初期化(何も無くなってしまします)という対応を回避することができるのです。

この展示会において、マルウェア対策のためのウィルス対策ソフトの導入など事前の対策をしっかりと行うことはもちろんですが、万が一、ウィルスに感染した際のことを想定した対策としては、バックアップを定期的にしっかり取るということが重要ではないでしょうかという、ご提案をさせていただきました。

● 展示会場の風景
展示会場となっている名古屋国際会議場です。

#2

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会場の入り口の案内看板です。最近、流行りのキーワードのソリューション製品の展示が行われました。

#3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会場内は、撮影禁止となっていますので、展示会場の入り口の写真です。
イベントホールと書かれた奥が展示会場です。

#4

 

 

 

 

 

 

 

 

● 最後に
今回、弊社展示コーナにお立ち寄りいただきありがとうございました。また、6月20日、21日に、九州の博多で開催される「Cloud Days九州 2017」にも出展する予定ですので、会場までお越しいただければ幸いです。


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.