Products 製品情報

ActiveImage Protector plus CLUSTERPRO X

 

製品概要

ActiveImage Protector plus CLUSTERPRO Xは、高可用性が求められる物理や仮想サーバー環境の耐障害性ソリューションとして、NECのHAクラスタリングソフトCLUSTERPRO Xと、ネットジャパンのバックアップソフトActiveImage Protector for CLUSTERPROの2つの製品を組み合わせた構成となっています。
CLUSTERPRO Xは、サーバー障害発生時に正常なサーバーにフェイルオーバーしサービスの継続するHAクラスタです。さらにActiveImage Protector for CLUSTERPROを使うことで、HAクラスタリングシステムでは保護できない、人的ミスによるデータ消失、ウィルス感染によるデータ漏洩、また、思わぬディスク故障等の障害が発生した場合、バックアップから短時間でシステムおよびデータを復旧することが可能となります。この2つの製品を組み合わせて提供することにより、お客様のサーバー環境の耐障害性をさらに高めることができます。

 

CLUSTERPRO Xの製品詳細は、NEC社CLUSTERPROのwebサイトをご参照ください。

ActiveImage Protector for CLUSTERPROの製品詳細はこちらをご参照ください。

 

ActiveImage Protector plus CLUSTERPRO Xの特長

低コストで高可用性を実現
共有ディスクだけでなく、内蔵ディスクを使用したミラーディスクでもクラスタリング可能なため、低コストでHAクラスタリングが構築できます。

 

システム障害やアプリケーション異常時にも業務を継続
サーバー業務が続行できる状態であるかどうか、業務アプリケーション/サービスの視点を含め、ハードウェア障害、OS障害、ソフトウェア障害を検出します。また、クラスタ化していることで、障害に対応するだけでなく、保守を行う場合にも有効です。最初に待機系サーバーの保守をおこなった後で、サーバーをフェイルオーバーし、残ったサーバーの保守をおこなうことで、保守のための停止時間が短時間で済みます。

 

柔軟および強固なクラスタ環境を構築
アプリケーションに異常に対しては、サービス応答レベルで定期的に監視を行い、異常状態・ハングアップを検出した際にフェイルオーバして業務継続が可能です。 現用系だけでなく、待機系の障害も、フェィルオーバに備えて常に検出できます。
また、システム拡張性が高く、業務の負荷に合わせてサーバーを柔軟に拡張できますので、初期投資の有効活用が可能となります。

 
仮想環境でクラスタ構築
地球環境保護対策としてグリーンIT化が、企業の社会的責任の観点からも重要な課題になってきています。マシン資源の有効活用となる仮想化技術。CLUSTERPROはいち早くこの仮想化に対応しました。
  • 1台のマシンに複数のOSを動作させることで、マシン資源を有効活用
  •    
  • ゲストOSをクラスタ化することで、業務の可用性を向上
  •    
  • VMware、Hyper-V、XenServer、Solaris Containar、IBM PowerVM、KVM に対応
  •  

    遠隔クラスタで災害対策
    災害対策・テロ対策向けに、同一LAN環境だけでなく、ネットワーク回線を経由したクラスタリングも可能です。
    従来の同期式データミラーモードに加え、非同期式(セミ同期式)データミラーモードが選択可能となり、業務データを遠隔バックアップサイトへミラーリングすることが可能です。 万が一、災害や障害が発生した際は、バックアップサイトがフェイルオーバして業務を再開します。
    さらに現場のニーズの大きい、共有ディスク型クラスタのストレージをバックアップサイトへミラーリングするハイブリッド(ディスク)構成をサポートします。

     
    高性能なイメージングバックアップを搭載
    HAクラスタリングシステムでは保護できない、人的ミスによるデータ消失、ウィルス感染によるデータ漏洩、また、共有ディスク型のディスク故障等の障害が発生した場合、バックアップから短時間でシステムおよびデータを復旧することが可能となります。

     

    *CLUSTERPROマスコットキャラクターは日本電気株式会社の商標です。
    *開運みーこはネットジャパンの商標です。