プレスの皆さま

パン屑ナビゲーション

For Press プレスの皆さま

印刷ユーティリティ

English
 

ニュースリリース

(株)ネットジャパンがWindows Server 2012とWindows 8に対応した
重複排除機能搭載のイメージングバックアップ/リカバリーソフトを
12月6日から出荷開始

2012年12月5日


(株)ネットジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蒋 冠成)は、仮想/物理環境向けに最適なイメージングバックアップ/リカバリーソフトで、Windows Server 2012とWindows 8に対応した「ActiveImage Protector 3.5 SP2」(読み:アクティブ・イメージ・プロテクター3.5 エスピー2、以降、ActiveImage Protector)を、2012年12月6日から出荷開始します。
今回、仮想環境向けにVirtual Edition、物理環境向けにServer EditionとDesktop Edition、クラスター環境向けにCluster Editionの4製品を、SP2としてリリースします。その他のEditionについては、順次リリースする予定です。

ページtopへ

SP2での新機能

・ Windows Server 2012とWindows 8に対応
・ ストレージスペース(Storage Space)に対応
Windows Server 2012とWindows 8で新しく採用されたストレージスペースに対応しました。ストレージスペース上の仮想ボリュームへのイメージの保存、バックアップと復元が可能です。
・ CSVFS(Cluster Shared Volume File System)に対応
Windows Server 2012で新しく採用されたCSVファイルシステムに対応しました。CSVファイルシステムのボリュームのバックアップが可能です。VSSに対応し、仮想マシン、VSS対応アプリケーションの整合性を保持しながらバックアップできます。
・ 4Kセクターディスクに対応
セクターサイズが4Kのディスクに対応しました。3Tを超える大容量ディスクやストレージスペース上の仮想ボリュームのバックアップ、復元が可能です。
・ ReFS(Resilient File System)に対応
Windows Server 2012で新しく採用された次世代ファイルシステムReFSに対応しました。ReFSボリュームもスマートセクター方式でバックアップが可能です。

ページtopへ

ActiveImage Protectorとは

ActiveImage Protectorは、重複排除機能を搭載した、ディスクイメージングによるバックアップ/リカバリーソフトです。レガシーマシン(Windows 2000 Serverなど)から、最新の物理/仮想のWindows/Linuxマシンまで、大規模から小規模システムに関わらず、幅広い環境において柔軟に対応できるように設計されています。使い方も簡単ですので、習得のための時間は不要で、専門知識がなくても安全、確実にバックアップ/リカバリーができます。また、自社開発の純国産製品ですので、品質とサポートレベルの高さには定評があります。 主な特長は、以下の通りです。
 

  • 重複排除圧縮機能により保存容量を大幅に縮小
  • ホット/コールドイメージングのバックアップ
  • セクター単位の高速バックアップ、復元
  • 増分バックアップ、スケジュールバックアップに対応
  • 遠隔地にデータを保存できるため、災害対策が可能
  • ベアメタル復旧(BMR)に対応
  • ファイルやフォルダーを個別に復元可能
  • 物理マシン⇔仮想マシンの相互変換に対応
  • 復元時に仮想対応変換をおこなうA.I.R.機能
  • ウィザード形式で、簡単操作。バックアップ作業のための専任エンジニアは不要
  • 純国産の自社開発製品。きめ細かく、安心できるサポート
  • 大手SEベンダーでOEM採用。官公庁や研究機関にも導入実績多数

ページtopへ

製品情報とシステム要件

製品情報の詳細とシステム要件は、ActiveImage Protector専用のホームページ(http://activeimage.jp/)をご覧ください。
 

販売価格と販売見込み

ActiveImage Protector 3.5 Virtual /Server/Desktop/Cluster Editionのライセンス価格の一例は、以下の通りです。

製品名 価格(税別)
ActiveImage Protector 3.5 Virtual Edition 198,000円/ライセンス
ActiveImage Protector 3.5 Server Edition 1〜4ライセンス 166,200円/ライセンス
ActiveImage Protector 3.5 Desktop Edition 1〜4ライセンス 10,200円/ライセンス
ActiveImage Protector 3.5 Cluster Edition 198,000円/ライセンス

 

  • 価格の詳細につきましては、こちらをご覧ください。
  • 年間サポートサービス期間内のActiveImage Protector Virtual/Server/Desktop/Cluster Editionのユーザーは、無償にてSP2へアップデートできます。

(株)ネットジャパンでは、ActiveImage Protectorをネットジャパンが契約しているインテグレーター、パートナー、大手流通やネットジャパンの法人向けオンラインショップ「ビズネットジャパン」(https://biznetjapan.jp/)を通じて販売し、一年間で7億円の売上を見込んでいます。

ページtopへ

お問い合わせ先、商標

  • お客様からのお問い合わせ先は、(株)ネットジャパン 法人営業部までお願いします。
    (TEL)03-5256-0877   (FAX)03-5256-0878  E-mail:corporate@netjapan.co.jp
  • ©2012 NetJapan, Inc. All rights reserved.
    ActiveImage ProtectorとReZoomは、株式会社ネットジャパンの商標です。
  • 本ニュースリリース中のその他のブランド名および製品名は、それぞれ帰属する所有者の商標または登録商標です。
  • 画面写真は、こちらからダウンロードできます。