セミナー

近年ランサムウェアの被害が急激に増加しました。企業内の顧客データベース、設計書、一般的なドキュメントなどが一瞬のうちに暗号化され、使用不能となってしまうため、この脅威からシステムを守る事が急務となっています。企業の中核となるシステム保護の情報は、1社では断片的なソリューションで非常に理解が難しいのが現状です。本セミナーは、(株)ネットジャパン、エムオーテックス(株)、(株)アイ・オー・データ機器の先鋭製品を、ランサムウェア対策、システム保護及び復旧をキーワードに、総合的に完結出来るソリューションとしてご紹介いたします。当日は、お客様の現状の問題点を解決すべく、あらゆるご質問にもお答えいたします。是非この機会に、最新のシステム保護の具体的な導入、運用についてご覧いただければ幸いです。

日程/会場
プログラム
 
13:30〜
 
受付
 
14:05〜14:45 人工知能と流入経路追跡で実現する標的型攻撃・ランサムウェア対策(エムオーテックス株式会社)
日々巧妙化するサイバー攻撃とその対策はいたちごっこで、企業を悩ませる課題の1 つです。
シグネチャ型での対策が限界を迎えつつある中、次世代のセキュリティは人工知能の活用に期待が高まっています。防げない事を前提とした対策ではなく、如何にしてマルウェア感染を防ぐかを追求した既存のソリューションと全く違うアプローチとその実証結果を紹介します。
 
14:45〜14:55 休憩
 
14:55〜15:35 進化したランサムウェアからの復旧の最終手段・災害対策からのシステム保護(株式会社ネットジャパン)
進化するランサムウェアは突然システムに襲いかかります。また災害も同様です。重要な企業の電子データをいかに守るか。その選定にはコスト、運用性、機能が重要なポイントとなります。信頼性の高いシステム復旧ソリューションとは、如何に汎用性が高くバックアップデータを有効に活用できるかに拠ります。
今回は老朽化したマシンの仮想化、クラウド化などにも幅広く対応できるマルチバックアップを、実環境でご覧いただきます。その機能と利便性を体感してください。
 
15:35〜15:45 休憩
 
15:45〜16:25 ランサムウェアの脅威に対する備えの提案(株式会社アイ―・オー・データ機器)
昨今、ランサムウェアによるデータの暗号化が問題となっています。データが暗号化されてしまった場合、データ復元が最後の砦となります。
今回、アイ・オー・データ機器からはこのデータ復元の手段として、バックアップを紹介いたします。
これまでの問合情報を元に、バックアップの重要性及び、世代管理ができるバックアップ手法、最後にバックアップを取る際のポイントを提案させていただきます。
 
16:25〜17:00 質疑応答

 
お申込み

以下の特設ページよりお申込みください。

    特設ページへ
ご登録いただいた順で、各会場定員となり次第受付終了となります。

主催/共催
 
主催: ネットジャパン 株式会社ネットジャパン
Tel:03-5256-0877    E-mail:corporate@netjapan.co.jp
www.netjapan.com
 
共催: エムオーテックス エムオーテックス株式会社
Tel:03-5460-1371    E-mail:bd-sales@motex.co.jp
www.lanscope.jp
 
  アイ・オー・データ 株式会社アイ・オー・データ機器
インフォメーションデスク: Tel:0120-777-618
www.iodata.jp