アップデート

Windows製品 アップデート情報

PowerX ActiveImage Protector Pro

PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro アップデート

PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro(ビルド 1026) リリースノート
ビルド 1016からの変更点は以下の通りです。
  • 仮想変換ユーティリティで、VMDK(VMware ESX、VMware Workstation/Server)
    形式への変換に使用するライブラリ VMware Virtual Disk Development Kit(VDDK)を同梱しました。

ページtopへ

アップデート方法
  • 本製品はISO形式で提供しています。
    製品の使用にあたり、付属の NetJapan ISO Writerや他のディスクイメージ書き込みツールを使用して、製品メディアを作成する必要があります。作成には、書き込み可能な未使用のDVD-R または DVD-RW 1枚が必要です。


    ※このプログラムは DVD DL、および DVD-RAM メディアへの書き込みはサポートしていません。これらのメディアへの書き込みを行った際の動作保証はできかねますのでご了承ください。
    詳細はZIPアーカイブ展開先フォルダ内の「はじめにお読みください.txt」をお読みください。
アップデート後のバージョン情報
本アップデートファイル適用後のバージョンは、3.5(ビルド1026)になります。
バージョン情報は[ヘルプ]-[バージョン情報]で確認できます。
PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro(ビルド 1016) リリースノート(2013/1/10)
PowerX ActiveImage Protector 3.5 Proの新機能は以下の通りです。
  • Windows 8に対応
  • 保存先の容量を大幅に縮小できる重複排除圧縮機能
  • マルチディスクイメージファイル機能
  • オフサイトレプリケーション機能(遠隔地データ保存機能)
  • 継続的増分バックアップ
  • 4Kセクターディスクに対応

ページtopへ

PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro(ビルド 1026) アップデートファイル(2013/1/23)
  • ファイル名:Update_PXAIP35.zip
  • ファイルサイズ:625MB(655,815,192バイト)