アップデート

Windows製品 アップデート情報

PowerX Backup Platinum 2

PowerX Backup Platinum 2.1.2 アップデート

クイックスタートガイド
PowerX Backup Platinum 2.1.2のクイックスタートガイドは、ダウンロードしたファイル(BP212upd.zip)内に[QuickStart.pdf]として同梱されています。
製品を使用する前に必ずお読みください。
PowerX Backup Platinum 2.1.2 リリースノート
変更点は以下の通りです。
  • [一般設定]のエージェント起動オプションの動作不具合を修正
Windows Vista環境下で本製品を使用する場合の動作モードの設定変更
Windows Vista環境上でBackup Platinum 2.1.2を使用する場合は、セットアップ完了後に以下の操作を実行し、Backup Platinumがサービスモードで起動するように設定を変更する必要があります。
  1. PowerX Backup Platinum 2.1.2を起動後、メイン画面のツールバー上の[設定]ボタンをクリックし、[設定]-[一般設定]画面を表示します。
  2. [一般設定]画面上の[サービスモードへの切り替え]ボタンをクリックします。
  3. [サービスモード ウィザードへの切り替え - アイテムおよび設定のインポート]画面が表示されます。既にアイテムが存在する場合には、アイテムをサービスモード上で引き続き使用するために"アイテムのインポート"チェックボックスおよび"設定のインポート"チェックボックスをONに設定し、[次へ>]ボタンをクリックします。
  4. [サービスモード ウィザードへの切り替え - ログオン アカウント]画面が表示されます。"ローカル システムのアカウント"または"本アカウント"のいずれかを選択し、[次へ>]ボタンをクリックします。
  5. [サービスモード ウィザードへの切り替え - パスワード設定]画面が表示されます。必要な場合はパスワードを設定し、[完了]ボタンをクリックします。
以上でサービスモードへの切り替えは完了します。以下の操作により、Backup Platinumがサービスモードで動作していることを確認することができます。
  • [一般設定]画面上の切り替えボタンの表示による確認
    PowerX Backup Platinum 2.1.2を起動後、メイン画面のツールバー上の[設定]ボタンをクリックし、[設定]-[一般設定]画面を表示します。[一般設定]画面上に[アプリケーションモードへの切り替え]ボタンが表示されている場合、Backup Platinumはサービスモードで動作しています。
  • Windowsの[サービス]ウィンドウによる確認
    [スタートメニュー]-[ファイル名を指定して実行]を開き、名前に"services.msc"を入力し、[OK]ボタンをクリックし、[サービス]の一覧を表示します。サービスの一覧中に、"Backup Platinum Agent"が表示されている場合、Backup Platinumはサービスモードで動作しています。

ページtopへ

Windows XP x64 Edition/Windows Vista x64 Editionでの動作
このバージョンのPowerX Backup Platinumには、Windows XP x64 Edition/Windows Vista x64 Edition環境において、以下の既知の動作制限事項があります。
  • [一般設定]の"Windowsエクスプローラとの統合を行なう"は正常に機能しません。この現象は32ビット版のWindows Vista上でも同様に発生します。
  • 以下のレジストリノードの全データを取得することができません。Backup Platinumは、該当するノードの同一階層に存在する"Wow6432Nodeノード"以下のデータのみを参照、バックアップすることができます。
    • \HKEY_CLASSES_ROOT
      Backup Platunumで上記のノードを参照すると、
      "\HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432Node"にリダイレクトされます。
    • \HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes
      Backup Platunumで上記のノードを参照すると、
      "\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Wow6432Node"にリダイレクトされます。
    • \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes(
      Backup Platunumで上記のノードを参照すると、
      "\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Wow6432Node"にリダイレクトされます。
    • \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE(
      Backup Platunumで上記のノードを参照すると、
      "\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node"にリダイレクトされます。

ページtopへ

アップデートファイルの適用方法
  1. PowerX Backup Platinum 2.1が既にセットアップされている場合は、2.1.2のインストールを開始する前に2.1をアンインストールします。
  2. [BUP212upd.zip]を展開し、展開されたフォルダ内の[setup.exe]をダブルクリックします。
    PowerX Backup Platinum 2.0が既にセットアップされている場合
    2.0のアンインストーラが自動的に起動しますので、2.0をアンインストールした後に2.1.2のセットアップを継続します。
    PowerX Backup Platinum 2.0/2.1が既にアンインストールされている場合
    2.1.2のインストーラが起動しますので、そのままセットアップを完了します。
アップデート後のバージョン情報
本アップデートファイル適用後のバージョンは、2.1.2(2007/2/5付)になります。
バージョン情報は[ヘルプ]-[Backup Platinum について]で確認できます。
バージョン2.0/2.1からの製品の登録情報とバックアップアイテムの引継ぎ
アップデータ適用後も、PowerX Backup Platinum 2.0/2.1のアプリケーション設定情報、登録情報、およびバックアップアイテム、同期アイテムを引き続き使用することができます。
PowerX Backup Platinum 2.1.2 アップデートファイル(2007/2/20)
アップデートをダウンロード