アップデート

Windows製品 アップデート情報

PowerX PerfectDisk 10 Pro

PowerX PerfectDisk 10 Pro アップデート

本アップデーター適用後のビルド番号について
本アップデーター適用後の製品ビルド番号は [ビルド 123] となります。
ビルド番号は、[製品リソース] タブ上で確認することができます。
PowerX PerfectDisk 10 Pro リリースノート
・Build 106 (2009/4/23)
 PowerX PerfectDisk 10 Pro をリリース
・Build 117 (2009/8/6)
  • 特定のWindows Vista SP2 x64環境下において、システムボリュームのオフラインデフラグ実行後、システム再起動時にブルースクリーンが表示される問題を修正しました。
  • Windows Vista環境下で、[空き領域の管理]-[リサイクル機能]を使用してごみ箱の内容を削除すると、[分析結果]タブの"削除したゴミ箱のファイル"で報告されるファイル数が2倍に表示される問題を修正しました。
  • 複数ドライブ選択時に、[ドライブプロパティ]-[オンラインデフラグ]で"断片化率"と"書き換え頻度"の設定変更が正常にされない問題を修正しました。
  • 排他ロックがかかっているファイルを、[選択したファイル]を使用して最適化を行った際に、[分析結果]タブにファイルサイズが"0 B"と表示される問題を修正しました。
  • システムボリュームを分析後、[ページファイル]の項目が表示されない問題を修正しました。
  • システムボリュームのルートフォルダに存在するファイルを、最適化除外ファイルに設定しても、オンラインデフラグの処理対象から除外されない問題を修正しました。
  • [空き領域の管理]-[リサイクル機能]/[空き領域レポート]で、処理対象としていたリムーバブルドライブを、[PerfectDiskの設定]-[リムーバブル ストレージ]-"USB/FireWireで接続されているドライブのデフラグを許可する"を無効にしたあとに、処理が実行できてしまう問題を修正しました。
・Build123 (2009/10/5)
 Windows 7 認定ロゴを取得しました。

ページtopへ

本アップデーターの適用手順
PowerX PerfectDisk 10 Pro 上のアップデート機能を使用した適用手順
  1. PowerX PerfectDisk 10 Pro を起動します。
  2. [製品リソース] タブをクリックします。
  3. [アップデートのチェック] ボタンをクリックすると、本アップデーターの適用処理が開始されます。インストーラの指示に沿ってアップデートを実行してください。

※Windows 2000 をご利用の方は、Internet Explorer 6.0 以降がインストールされている
  必要があります。
※PowerX PerfectDisk 10 Pro インストール時に、アップデート機能を使用して本アップ
  データーを適用することも可能です。その際はInstallShield ウィザードで、「セットアップ
  完了後にアップデートをチェックしてください。」にチェックを入れてからセットアップを完了
  させてください。
※[PerfectDisk の設定] - [自動更新] - [インストールオプション] 上で、[アップデートが
  使用可能になったときは通知する]、または [使用できるようになったときは常にインストー
  ルする] が設定されている場合は、次回の自動更新プロセスが起動された際に、アップデ
  ーターのリリース通知、または、アップデーターの適用処理が自動的に開始されます。
  次回の自動更新プロセスの起動日時は、[ログの表示] から確認することできます。
本アップデーターをダウンロードした後に手動で適用する場合
  1. 本ページ内の下記に記載されたハイパーリンクから、お使いのシステムに対応したアップデーターをダウンロードします。
    - PD10JPp_x86.zip(32ビットオペレーティングシステム用)
    - PD10JPp_x64.zip(64ビットオペレーティングシステム用)
  2. ダウンロードしたZipファイルを展開して、実行ファイルをダブルクリックすると、本アップデーターの適用処理が開始されます。インストーラの指示に沿ってアップデートを実行してください。